HOME|リフォーム

リフォーム

リフォーム

建築を通し、皆様の暮らしに中にゆとりある空間をプランニング。残念ながら家も年月が経つと老朽化が進んでいきます。

近日建築部材や設備はどんどん新しい物が出て利便性も向上し災害や事故に対してもています。

そこで新しい家を建てる住宅という毎日過ごす大切な場所に安らげる空間を作り上げると共に、耐震やバリアフリー(介護住宅)へも取組み、安心と安全な暮らしを提供しています。

耐震

既存構造物を調査して安全性を診断することを耐力診断といい、地震に対する診断の場合を特に耐震診断と言います。

診断は、周辺地盤の状態、建物の基礎の構法や状態、耐力要素の量や配置、経年による建物の劣化などを考慮し、現在の構造工学を基に行われます。

簡単に言いますと、住宅やビルが地震に対してどの程度被害を受けにくいかといった地震に対する強さ、すなわち「耐震性」の度合を調べるのが「耐震診断」なのです。

阪神・淡路大震災の教訓をもとに1995年(平成7年)12月25日に「建築物の耐震改修の促進に関する法律(耐震改修促進法)」が施行されました。

この中では現在の新耐震基準を満たさない建築物について積極的に「耐震診断」や改修を進めることとされています。

バリアフリー

高齢化が進み社会的にも求められています。

介護やバリアフリーと言った社会問題にも取り組んでいます。

家族の高齢化や病状の悪化などにより、介護リフォームが必要になる場合があります。

介護する人にも、される人にもやさしいプランニングをお手伝いいたします。

お問い合わせ電話番号

0120-104-612

営業時間 9:00〜17:00(水曜定休)

お問い合わせメール